売れまくっている「レモンジーナ」のお味は?皮ごと飲む!

日常ブログ

こんにちは♪

売れ行きが良すぎて、一時販売停止になった炭酸飲料「レモンジーナ(LEMONGINA)」。供給が再開されたようで、人気にあやかり、店頭にこれでもかと並べているお店もあるそうです。

みなさん味が気になるのか、僕の行ったお店ではレモンジーナの棚だけ奥に手を伸ばさないと取れない状態に。僕もさっそく買い物カゴに1本入れました。

wpid-wp-1428990466729.jpeg

「土のような味」と評した人もいるそうで、はてさてそのお味はどうなんでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こ、この味は!

まず香り~。レモンの香りはもちろんします。その中にちょっとクセのある香りが混じっています。

wpid-wp-1428990478690.jpeg

味はなかなかしっかりとしていて、コクというか、飲みごたえがあります。あっさりし過ぎず、僕は好きです。オランジーナ(オレンジーナは間違い)よりこちらのレモンジーナのほうが僕としては飲みやすいです。

「土の味」、僕が感じた「クセ」はこれだと思います。確かにそんな味はしますが、それがまたよいアクセントになっていると思います。これについては、ペットボトルに記載してあった情報にヒントがありました。

シトロネードって何?レモネードとの違いは?

ペットボトルのレモンジーナの説明にこう書いてあります。

レモンジーナは、フランスの晴れた週末に家のガーデンで楽しまれているシトロネードと呼ばれるレモン果実の飲み物をモチーフにした微炭酸です。

レモネードがモチーフと思いきや、フランスにはシトロネードという飲み物があり、それがモチーフらしい。どうやらシトロンというレモンのような果物があるらしいです。でもフランスではレモンもシトロンと呼ぶそうで、あまりその辺の区別は気にしなくてもよさそうです。

じゃあ何が違うの?というと、簡単に言えば皮ごと作るかどうかみたいです。つまり、シトロネードは皮ごとミキサーでガーっといくみたい。だからそれをモチーフにしたレモンジーナには原材料にレモンピールエキスがはいっています。レモンの皮のエキスですね。

「土のような味」はおそらくそのレモンの皮の苦みをそのように感じるのだと思います。

レモンだけではない

レモンジーナの原材料はレモンだけではありせん。グレープフルーツ・オレンジも入っています。あとは酸味料・香料・糖類など。だからたんにレモネードなのではなく、味わいのある味に仕上がっているのでしょう。

ちなみに「果汁10%未満」と表記されています。

wpid-wp-1428990483086.jpeg

余談ですが、オランジーナはオレンジだから「ジ」が入るのは分かるけど、レモンに「ジ」は入らないからネーミングとしてちょっとおかしい。「レモンナ」ではないのか?と言う方がいました。確かに。まあでも一応オレンジも入っているので良しとしますか(^^)

それではまた♪

0
スポンサーリンク
スポンサーリンク
日常ブログ
この記事を書いた人

コーヒーを楽しみながら、世の中の気になるあれこれをブログに書いています。

ゆき後輩をフォローする
この記事を友達とシェア
ゆき後輩をフォローする
ゆきのひぐらし

コメント

タイトルとURLをコピーしました