【ブロガー】開業届と青色申告申請書の書き方と提出のポイントをわかりやすく解説するよ

開業

これまで単なる無職ブロガーでしたが、税務署に提出した開業届が受理され個人事業主になりました。同時に青色申告承認申請書も提出しました。

この記事では

  1. 開業届の書き方
  2. 青色申告承認申請書の書き方
  3. 提出のしかた

について書いています。

今回は自分の経験をもとに、できるだけわかりやすく開業届と青色申告承認申請書の書き方を解説していきます

開業届??個人事業主にはなりたいけど税務署の書類って書くのが難しそうなイメージ。

ゆき後輩
ゆき後輩

そうですよね。書類を書くというと難しそうに聞こえます。でもいざ書いてみると書き方はすごく簡単でした。届出書などの記入ははじめてで不安でしたが、案外簡単に作成できました。

いちおうブロガーで個人事業主として開業したい方向けに書いていますが、ブロガーでなくても、その他の個人事業主になろうと考えている方の参考にもなると思います。

なお、現在企業で働いている、または退職して失業手当をもらいたいという方で、開業に迷っている場合に、退職前に開業届を先に提出すると失業手当がもらえなくなるそうなので気をつけてください。

個人事業主になるための開業届の書き方

これが開業届です。正式には「個人事業の開業・廃業等届出書」といいます。

開業届の記入方法

今回はブロガーとして新規の開業なので、赤で囲った部分を記入していきます(囲いは僕が入れました)。

開業届は開業してから1カ月以内に届け出することになっています。用紙は税務署にもありますし、国税庁のホームページからもダウンロードできます。

個人事業の開業届出・廃業届出等手続|国税庁

僕も国税庁のホームページからダウンロードしてPDFで書きました。

なんかごちゃごちゃした書類ですが、新規に開業する場合は記入するところはそんなにありません。

説明上は赤で書いていますが、実際には黒色、手書きの場合は必ず黒のボールペンで書いてください。消せるボールペンは不可です。

PDFからならパソコンでそのまま記入できます。

また、わかりやすくするために赤丸で囲っていますが、PDFでの記入の際は白丸にカーソルを合わせて左クリックするとチェックできます。手書きの場合は「レ」のチェックをすればOKです。

ゆき後輩
ゆき後輩

それでは順を追って書いていきましょう!

提出日

左上のこの欄、開業届を提出する日を記入します。税務署へ直接持参する場合は行く日、郵送の場合は郵送する日です。ちなみに郵送の場合は消印日が税務署の受付日になるようです。

所轄の税務署名も忘れずに記入します。

所轄の税務署が分からない場合は国税庁のホームページで調べられます。

税務署の所在地などを知りたい方|国税庁

西暦と和暦(令和など)がありますが、僕は和暦で記入しました。

納税地

別に事務所を構えるのでなければ、ブロガーの場合は自宅での住所地で問題ないでしょう。

「住所地」にチェックを入れて、住所を記入します。電話番号も忘れずに。

氏名・生年月日

そのまんまです。ご自分の氏名です。ブログのハンドルネームとかではありません。

ゆき後輩
ゆき後輩

僕の場合、名前に特殊文字があるので、氏名欄だけは手書きで名前を記入しました。

押印もします。認印で大丈夫です(シャチハタ不可)。

個人番号(マイナンバー)の記入

個人番号はいわゆるマイナンバーという12桁の番号です。

マイナンバーは超個人情報なので、控えには記入しません。PDFで記入の際は、控えも同時に作成されますが、このマイナンバーだけは空欄になる仕組みになっています。

ブロガーの職業・屋号は?

ブロガーの職業って何?と迷ってしまいますよね。

ゆき後輩
ゆき後輩

ブロガーはブログを書くのが仕事です。職業欄には「文筆業」と記入しました。あるいは「執筆業」と書くのが妥当な表現です。ただし・・・

じゃあブログアフィリエイターは?って気になりますよね。世の中には「事業税」という税金もあって、職業によってはその事業税がかかることも!といってもそれなりの収入以上の場合ですが。

ちなみに「文筆業」の事業税は非課税です。

しかし、ブログでアフィリエイトをメインにしている場合はあいまいな感じらしいです。「広告業」(事業税は5%)にあたる恐れがあるからです。あくまでも「文章で生計を立てています!」とお役人さんを説得できれば「文筆業」でいけるそうな。

ちなみに、職業は確定申告の際に申告書に書き直せば変更できます。

その辺のフリーランスに関する税金の話は「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください! 」というめっちゃ長いタイトルの本が参考になります。フリーランスの税金対策について、わかりやすく解説されています。マンガなので読みやすく、理解しやすいです。めちゃ売れてる本です。

屋号はあってもなくても構いません。事業用に屋号名の口座を開けるようにはなります。僕はその予定はありませんでしたが、フリーランスって信用されづらいので、自己紹介で「○○(屋号)のゆき後輩です」とか言えると、ちょっとは信頼感をもってくれるかな?とか思ったので、カッコイイ(と自分が思った)屋号をつけました。肩書(のようなもの)を持っておくのも一つの手かもしれません。

単にハンドルネームを屋号にしている方もいるようです。

屋号も確定申告の際に申告書に書けば 、開業届を出したあとでも変更できます。

届出の区分・所得の種類・開業日

先頭の「開業」をまるで囲い、「新設」にチェックを入れます。

「事業(農業)所得」をチェック。

開業した年月日を記入します。

開業・廃業に伴う届出書の有無

今回は青色申告承認申請書も提出するので、上段は「有」にチェック。

青色申告承認申請書を提出しない方は「無」になります。

下段は「無」です。

事業の概要

どのような事業なのか記入します。

ブロガーの場合、単に「ブロガー」とか「ブログの執筆」では簡単すぎて税務署の方には伝わりづらいと思います。

税務署員

ブロガー?そもそもブログで事業ってなんじゃ!

ってなるかもしれません。[できるだけ具体的に]とも書いてありますし。

ここは整然とビジネス口調で丁寧に書いた方が良さそうです。

ゆき後輩
ゆき後輩

どんなことを書いているブログか?ということを伝えればOKでしょう。僕はほかのブロガーさんたちを参考に「生活・文化・趣味に関するウェブサイトコンテンツの執筆」と書きました。

ご自分のブログ運営内容に沿った内容を記入されると良いでしょう。

給与等の支払いの状況

1人で事業をするのなら、必要ない欄です。

記入はしなくても良いみたいですが、僕は念のため0人と記入しました。

ゆき後輩
ゆき後輩

以上で開業届の記入は終わりです。

  • ブロガーは文筆業(状況によっては広告業となる場合も)
  • 所得の種類は事業所得
  • 事業の概要は具体的に
  • 控えにはマイナンバーは記入しない

マイナンバー(個人番号)の本人確認も必要

開業届にはマイナンバーが必要なため、確実にその本人であるという書類の提示か写しの添付が必要です。

郵送提出による添付の場合は、国税庁のホームページで用紙がダウンロードできます。

番号制度に係る税務署への申請書等の提出に当たってのお願い|国税庁

本人確認書類については、写真付きのマイナンバーカードを持っている方はそれだけで良いのですが、おそらく持っている方はそういないのではないでしょうか。

その場合は、マイナンバー通知カード(ペラペラのやつ)か、住民票の写しまたは住民票記載事項証明書(いずれもマイナンバーか記入されているもの)

プラス

運転免許証や公的機関の被保険者証などの身元確認書類が必要です。

僕は郵送したので、マイナンバー通知カードの写しと、国民健康保険証の写し(コピー)を専用用紙に添付しました。過去に住所変更したことのある方は、裏面に新しい現住所が書かれているので、表裏両方の面をコピーしましょう。

スポンサーリンク

青色申告承認申請書の書き方

ブログで収益化(マネタイズ)している方は、開業届の提出と共に、青色申告承認申請書も提出すると手間が省けます。

白色申告でいいよーって方はここは読み飛ばしてください。

でも10万円、あるいは65万円の控除が受けられるので、どうせならしちゃいましょう!

たしか65万円控除だと複式簿記になりますよね?面倒くさいー!

でも会社に勤めて経理担当になるわけではないので、あまり煩雑な作業のないブロガーなら、この経理の本を読めば基本はだいたい理解できますよ。

また会計ソフトを使えば、必要な帳簿はほぼ作成できて便利です。手書きで帳簿付けするとてんてこ舞いになってしまいます。

ゆき後輩
ゆき後輩

僕はマネーフォワードクラウド確定申告(旧MFクラウド確定申告)を利用しています。カードや銀行と提携して紐付けしていれば、情報を自動取得してくれるので、手間が省け、時短にもなります。また、仕訳をしていれば、帳簿もほぼ自動で作成されます。

青色申告承認申請の注意点は、「申請した年の所得から青色申告できる」ということです。

これまぎらわしいのですが、つまり、今年(平成31年)に申請した人は平成31年1月~12月までの申告ができるのであって、申請前の平成30年分は青色申告できません。

さらに青色申告承認申請書の申請期限はその年の3月15日までです!

ただし、1月16日以降に開業した場合は、開業から2カ月以内であれば申請できます。

ゆき後輩
ゆき後輩

それでは青色申告承認申請書を書いていきましょう!

納税地・氏名・職業など

この部分は、先ほどの開業届と変わりありません。個人番号の記入がないだけです。

いつから青色申告したいか

以下の年数は例です。青色申告の開始を先延ばしにする理由はありませんので、申請時点の年を記入すれば良いと思います。

所得の種類 / 青色申告の取り消し・取りやめをしたことがあるか

ブロガーなら「事業所得」です。

初申請の場合は取り消し・取りやめはないので「無」にチェック。

簿記方式と備付帳簿名

簡易簿記ですと控除は10万円、複式簿記ですと65万円です。

複式簿記は面倒なイメージですが、お金の流れを自動でやってくれる会計ソフトを利用すれば、案外簡単に作成できます。

どうせなら複式簿記で65万円控除を受けましょう!

マネーフォワードなどの会計ソフトを使えばだいたいの帳簿は作成できます。とりあえず「総勘定元帳」(元帳)と「仕訳帳」をチェックすればOK。

ゆき後輩
ゆき後輩

これで青色申告承認申請書の記入は終了です。

この申請書も意外と簡単に書けた♪

コラム:確定申告は会計ソフトを使えば楽に

白色申告でも青色申告でも確定申告する方は帳簿をつけるように義務づけられています。

帳簿付け、本当に面倒です。そんな時は会計ソフトを使えば楽になります。僕はマネーフォワードクラウド確定申告(旧MFクラウド確定申告)を利用しています。カードや通帳などの履歴を自動で取得してくれるので、本当に楽になります。申告に必要な帳簿もほぼ自動で作成されます。

ただ、振込手数料分や、実店舗で購入した場合の経費の記入など、どうしても手入力で記入しなければならない場合もあります。しかしそれを加味しても、会計ソフトを使えばかなりの手間と時間の節約になります。

マネーフォワード確定申告では、年間50の仕訳までなら無料で利用できます。有料プランでも初回30日分は無料ですので、ぜひ利用してみてください。プランの変更、解約も簡単にできるので安心です。

申告の時期ではないときは実感がわきませんが、いざ申告の時期になるとあたふたしてしまうものです。開業する今だからこそ、確定申告に備えて早いうちから導入しておくと楽ですよ。

マネーフォワードクラウド確定申告

開業届・青色申告承認申請書を税務署に提出しよう

お疲れ様でした。さあ、提出書類が書けました。

いよいよ提出!

ゆき後輩
ゆき後輩

ここで安心せず、記入もれや書き間違いがないかよくチェックしておきましょう。

提出には所轄の税務署に直接持参する方法と、郵送による方法があります。

いずれも、それぞれの書類を2枚ずつ作成して提出します。1枚は控えとしてもらうためです。

本人確認書類は提出用のみの1枚で大丈夫です。

開業届にはマイナンバーが記入されているので、前述した本人確認書類も忘れずに。持参の場合は念のため印鑑も持っておきましょう。

郵送による提出の注意点

所轄の税務署が遠い場合、忙しい場合などは郵送が便利です。

郵送の場合は所轄の税務署へ送ります。信書扱いなので、必ず郵便を使用します。また、控えを返送してもらうための返信用封筒も同封します。返信用封筒には自分の住所氏名を記入しておきましょう。

マナーとして送信用の封筒には「○○税務署 御中」、返信用封筒には自分の名前のあとに「」と書いておきます。

また封筒の左側に「個人事業の開業・廃業等届出書 在中」と書いておくと、税務署の方にもわかりやすいです。

封筒は [長型3号] のサイズで十分です。A4用紙が3つ折りで入ります。

開業届2枚、青色申告承認申請書2枚、本人確認書類1枚の計5枚と返信用封筒を同封の場合は、82円切手では足りません。僕は92円切手で郵送しました。

ゆき後輩
ゆき後輩

心配なら郵便局で計測してもらうと確実です。

忘れてはいけないのが、返信用封筒に切手を貼っておくことです。送る際にかかる郵便料金と同じ切手だと安心です。

  • 記入間違い、記入もれがないか
  • 押印しているか
  • 郵送の場合は返信用封筒をいれたか
  • 郵便料金は正しいか

郵送前にしっかりとチェックしておきましょう。特に押印は忘れがちです。書類の不備などがあると再送など後々面倒なことになってしまいます。

スポンサーリンク

無事に受理され個人事業主になりました!

私事ですが、書類を提出して2日後に税務署から返信の封筒が届きました。

思ったより早く手続きが終わりました。田舎の税務署だから暇だったのですかね。素早いお仕事に感謝いたします!

問題は無事に受理されたかどうかです。開封はドキドキします。

開業届、青色申告承認申請書の控えに「収受」の受付印が押されていました。

これで晴れて無職から個人事業主(フリーランス)となり、職業を聞かれても、堂々と

ゆき後輩
ゆき後輩

フリーランスで文筆業をしています!

と公言できます。とはいってもただのブロガーなんですけどね。とりあえず無職を卒業しました。

おわりに

今回はブロガーとして開業するための書き方・手続のしかたを紹介しました。

公的な書類と聞くとややこしそうに感じてしまいますが、実際にやってみるとそんなに難しいことはありません。

手書きなら書類を印刷して該当する箇所を記入・チェックするだけですし、PCになれている方なら、PDFでサッと作成できてしまいます。手書きでもそんなに難しくありません。

あとは税務署に提出して受理していただくだけです。

あなたのブログライフがいっそう輝きますように!

PR

スポンサーリンク
スポンサーリンク
開業確定申告ブログ運営
この記事を書いた人

コーヒーを楽しみながら、世の中の気になるあれこれをブログに書いています。

ゆき後輩をフォローする
この記事を友達とシェア
ゆき後輩をフォローする
ゆきのひぐらし

コメント

タイトルとURLをコピーしました