【濃いひげもOK】泡の洗顔料でひげそりがグッと快適に

スキンケア

毎日のひげそりには、ファンケルのメンズ洗顔料「メン フェイス ウォッシュ」がおすすめです。

えっ、でも洗顔でしょ?と言われそうですが、製品情報でも「安全カミソリでのひげそりに使用できます」と書かれているので、大丈夫です。

おすすめの理由
  • メントール不使用で刺激が少ない
  • 香料不使用で臭いが気にならない
  • グリチルリチン酸二カリウム配合(消炎作用が期待)

ひげの剃り方はいつも通りでOK。濃いひげの方でもクリーミィーな泡で快適に剃ることができます。

ところであなたは正しいひげの剃り方ができていますか?

この記事ではメン フェイス ウォッシュを使用して、安全カミソリでの正しいひげの剃り方をおさらいしていきます。

「パイナップル豆乳ローション」で男性の濃いひげのひげそりを楽に

スポンサーリンク
スポンサーリンク

安全カミソリでの正しいひげそりの方法

ひげそりは、正しい方法でしないと肌を痛めてしまいます

ここでは、安全カミソリでの正しいひげそり方法を簡単におさらいしていきましょう。

シェービングフォームとしてファンケルのメン フェイス ウォッシュを使用します。

1.洗顔する

フェイス ウォッシュを3~4プッシュ手に取り、やさしく洗顔しましょう。

洗顔の水分によって、ひげがやわらかくなり、次の蒸らしの効果も上がります

2.蒸しタオルでひげをやわらかくする

洗顔の次に蒸しタオルでひげを蒸らして、ひげをさらにやわらかくします。

蒸しタオルは、濡らして絞ったタオルをレンジに30秒程度かけるとできます。

30秒は目安なので、ご自分で調節してみてください。顔に当てた時に気持ち良く感じるくらいが最適です。

3.ひげにフェイス ウォッシュ(シェービングフォーム)を塗る

十分に蒸らしたら、メン フェイス ウォッシュを2~3プッシュ手に取り、ひげの部分に塗ります。

4.ひげを剃る

基本は順剃りです。順剃りとは、毛流れに沿って剃ることです。

ヒゲの濃い方は逆剃り(毛流れと逆に剃る)することもありますが、あまり力を入れて剃らないようにしましょう。

剃り終えたら、洗顔フォームをしっかりと洗い流します。

5.肌を整える

ひげそりが終わったら、ファンケルの同じシリーズの「メン スキンコンディショナー」を使ってみましょう。

3~4プッシュ手に取り、顔全体になじませます。

これにより肌にうるおいを与え、肌荒れを防ぎます。

ハンドプッシュすると良いです。

まとめ

ファンケルの「メン フェイス ウォッシュ」でのひげそりは、香料・メントールが苦手な方に向いています

ただ1点、泡はクリーミィですが、ボンベ式のシェービングフォームほどは濃密ではありません。

そこが気にならない方には快適に使っていただけると思います。

あわせて読みたい 【6年間愛用】ファンケルのメンズ製品で簡単ステップのスキンケア!

「パイナップル豆乳ローション」で男性の濃いひげのひげそりを楽に

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました