消臭力で解決!ゴミ箱のコバエと悪臭を撃退してやろう

暮らしの知恵

春・夏・秋にかけてのゴミ箱の悩みといえば、コバエと生ゴミ臭です。

嫌ですよね、あの何とも言えない腐ったような生ごみの臭い。ビニール袋でしっかり縛っているのに漂ってくる。

また、どこからやって来たのか、フタをしていてもゴミ箱に侵入してくるアイツ。

対策はあるのでしょうか?

あるんです!

僕は可愛いそら豆型の消臭剤、エステー「ゴミ箱の消臭力 コバエよけ効果プラス」で対策してからそれらに悩まされることが減りました。

スポンサーリンク

対策はゴミ箱の消臭力コバエよけ効果タイプがおすすめ

ゴミ箱用の消臭力は何種類かあるのですが、普通のタイプはただ消臭するだけのものです。

そこで生ゴミ臭・コバエ対策におすすめなのが、コバエよけ効果のあるゴミ箱の消臭力 コバエよけ効果プラスです。お値段はそれだけ高くなってしまいますが、それに見合う価値があります。

なぜコバエよけ効果タイプがおすすめなのか

コバエは密室のはずの部屋にもいつの間にか侵入してきて、台所をうろつきます。しまいにはゴミ箱に侵入し、増殖してきます。

そう、どこからかやって来て、勝手に生活し始めるのです!

ゴミ袋の中がコバエだらけになって、しかもリビングにまでやって来たら最悪です。

密室と思っていても油断ならないのがアイツらです。

それならあらかじめ先手を打って対策しておこうというのが、コバエよけ効果タイプをおすすめする理由です。

忌避成分が配合されているので、コバエの寄せ付けを防いでくれます。

香りはメントールスカッシュで、とても爽やかな香りがしますよ。

完全とはいきませんが、 消臭剤と香りの効果で、 ゴミ箱の嫌な臭いにも強力にアプローチして消臭してくれます。

ただし、強めな香りなのでそこは覚悟しておいてください。フタを開けるたびに香りがシュワーと鼻にきます。もちろん生ごみ臭よりは断然マシです。

食べた後の納豆のパックをそのままポイっと捨てていますが、臭いはさほど気になりません。

レビューを見ると部屋に消臭力の臭いが漂って嫌だ!という方もいます。僕の部屋ではそういうことはないので、そこはゴミ箱のフタの閉まり具合のちがいかな?って思います。

※適用害虫はショウジョウバエです

ゴミ箱用消臭力の使い方

使い方はいたって簡単で、吊るすかフタに貼るだけです。

前段階として、消臭力のフタの役割をしているアルミシートを引き抜いておきます。

引き抜いてから効果を発揮し始めます。

吊るす場合

ゴミ箱に吊るして使用する場合は、本体裏のフックを取り出して、ゴミ箱のフチに引っ掛けます。


ゴミ箱の消臭力 吊るす

フタに貼る場合

ゴミ箱のフタに貼ることもできます。フタに貼る方がフックによる隙間もできないので、僕はフタに貼るようにしています。

本体裏の両面テープの保護シートを剥がして、フタに貼りつけます。

フタをパタパタしているうちに、取れてしまってゴミと一緒に捨ててしまったという話も聞くので、たまに確認した方が良いです。

ゴミ箱のフタに貼り付けた消臭力

ゴミ箱用消臭力の効果の持続期間は約1カ月間

効果の持続は1カ月です。とはいっても使用環境によるのであくまでも目安です。

取り替え時期は目視でも確認できます。

以下のように薬剤が見える丸い窓が3つあって、立てたときにいちばん下の窓から薬剤が見えなくなったら取り替えどきなので交換しましょう。

薬剤はある程度までなくなると、それ以上は減りません。もったいないからといっていくら置いていてもなくならないので、あきらめましょう(笑)

ハエのいない世界へ

コバエも地球の生態系の中では、何らかの役割を果たしているのだとは思います。

しかし家の中にはいてほしくありません!

また、家の中だけではなく、ベランダなど外に置いているゴミ箱なんかにも使えるので便利ですよ。むしろ、外の方がコバエが侵入しやすいので。

早め早めの対策をとって、ゴミ箱の消臭力 コバエよけ効果プラスの力でコバエと悪臭のイライラからオサラバしちゃいましょう。

買うときは間違えずに「コバエよけ効果プラス」のタイプを選んでくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らしの知恵
この記事を書いた人

コーヒーを楽しみながら、世の中の気になるあれこれをブログに書いています。

ゆき後輩をフォローする
この記事を友達とシェア
ゆき後輩をフォローする
ゆきのひぐらし

コメント

タイトルとURLをコピーしました