【超簡単設定!】独自ドメインはエックスドメイン×エックスサーバーで決まり!

ブログ

このブログを開設するにあたり、エックスドメイン(Xdomain)で独自ドメインを取得しました。

現在、僕はすべてのサイトでエックスサーバー(XSERVER)を利用しています。

エックスサーバーと同会社のエックスドメインなら、エックスサーバーへのネームサーバー変更などが簡単にできるということから、エックスドメインで取得することにしました。

簡単に越したことはないですよね。

他社に比べてドメイン価格もそんなに変わらないですし(.comの場合)。

今回はエックスドメインで独自ドメインを取得し、すでにあるエックスサーバ領域にもう1つドメインを追加する、マルチドメインでの設定方法を紹介します。

  1. ドメイン取得
  2. ネームサーバーの変更
  3. マルチドメイン設定

という流れで手順を解説していきます。

僕も初めてのことなので不安でしたが、簡単にできました。

同じように手順を踏んでいけば、誰でも簡単にできるはずです。

まだどうしようか迷っている方も、読み進めていけば不安が払しょくできると思います。

それではスタート!

エックスサーバーにまだ未登録の場合は、はじめにエックスサーバーに登録しておいてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エックスドメインでドメインを取得

まず、ドメインを取得します。これがないと始まりません。

欲しいドメインを検索

エックスドメインのサイトへ行き、右上にある検索窓に、欲しいドメイン名を入れ、「検索」をポチっとします。

.com」とか「.info」など、調べたいものにチェックを入れるのも忘れずに。

取得したいドメインを選択

ポチっとした後に次のような画面になりますので、「〇取得可能です。」と出たものから、取得したいドメインをチェックし、取得手続きに進みます。

登録年数も選べます。僕は1年にしました。

ドメイン取得手続き

エックスドメインの利用が初めてなら会員登録へ、すでに会員ならログインします。

僕は初めてなので、新規会員登録へ進みました。

すでに会員登録をされている方は、以下「支払い方法の選択」まで読み飛ばしてください。

会員登録

登録にはメアドやパスワード等、必要な会員情報を入力をします。

ここで忘れたくないのが「WHOIS代理公開サービス」のチェックです。

運営したいサイトが企業なら別ですが、おそらくほとんどの方が個人ブロガーや個人アフィリエイターだと思います。

運営者の個人情報を知られたくないなら、必ず「希望する」にチェックを入れておきましょう。無料です。

WHOISとはドメイン等の利用者の登録情報などを誰でも検索できるサービス。WHOIS代理公開サービスは、エックスサーバー側が個人の代わりになってくれます。

利用規約と個人情報の取り扱いをチェックし、次に進むと確認画面がでます。

間違いがなければ、支払い方法選択へ進み、会員登録を終えます。

支払い方法の選択

支払いには

  • クレジットカード
  • コンビニ
  • 銀行振込
  • チャージ残高

の4つがあるので、いずれかを選択します。お好きなのをどうぞ。

ドメインの取得完了

申込内容をよく確認し、間違いがなければ申込完了です。

もしものために、お申込みIDは控えておきましょう。

さあこれでドメインを取得できました!

ネームサーバーの変更

さて、取得したドメイン。このままではまだエックスサーバーでは使えません。ネームサーバーの変更が必要です。

エックスドメインの管理パネルから、「契約ドメイン一覧」をクリックします。

ドメイン管理画面が表示されるので、対象ドメインの「管理」をクリック。

ネームサーバーの変更・確認」をクリック。

するとネームサーバーが表示されます。

しかし、エックスドメインのネームサーバーなので、これをエックスサーバーのネームサーバーに変更するため、「変更する」に進みます。

ネームサーバー簡単設定画面が表示されました。

利用サービス欄をエックスサーバーへ変更し、確定ボタンをクリック。

はい、以下のように即座にエックスサーバーのネームサーバーに変更されました!

とても簡単です。

※ネームサーバーの反映は、数時間~72時間程度かかります。

ドメインをエックスサーバーに設定する(マルチドメイン)

さあ、あともう一息です。

取得したドメインをサーバーへ設定します。

すでにエックスサーバーを利用しているという前提で進めます。

まだの方は登録しておきましょう。
エックスサーバー

今回はすでにあるサーバ領域にもう1つドメインを追加する、マルチドメイン設定の方法です。

まずエックスサーバーのインフォパネルにログイン。

次に、利用したい対象サーバーのサーバーパネルにログインします。

管理画面右側の「ドメイン設定」に入ります。

「ドメイン設定の追加」で、先ほど取得したドメインを記入します。

この際にぜひ「無料独自SSLを利用する」をチェックしましょう。

SSLは第三者による改ざん等を防ぐため、データを暗号化して送受信します。個人情報を扱うインターネット通信には、いまや必須。

これからのサイト運営ではSSL化は必須です。記事をいくつか書いた後になってすると、たいそう面倒なので、初めからSSL化しておきたいです。

次へ進むと追加が完了します。

上の画面ではSSL設定に失敗していますが、おそらくネームサーバーがまだ反映されてないのにしたからだと思います。

数時間のちに別に設定しなおすと、無事SSL設定できました。

※ドメイン設定がサーバーに反映するまでに数時間~24時間程度かかる場合があります。

しかしこのままだと「http」と「https」が両方存在したままです。この解決には.htaccessにリダイレクト用のコードを追記する必要があります。

以下の わいひら さんの記事を参考にされるとわかりやすいです。

まとめ

お疲れさまでした!

このように、初めての僕でも簡単にできました。

これでドメイン取得からネームサーバーの変更、サーバーへの設定まで終了しました。

ネームサーバが瞬時に切り替わったのは感動的でした。

運営会社が同じなので相互のやり取りもスムーズにできます。

これからという方、難しくはないのでトライしてみてください。

エックスサーバー
エックスドメイン

0
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ
この記事を友達とシェア
ゆき後輩をフォローする

いつものコーヒーもおいしいんだけど、なんだか喫茶店のようにはいかない。そんなふうに思っていませんか?
そんなあなたに、珈琲きゃろっと のスペシャルティコーヒーをご提案します。
こだわり抜かれた自家焙煎のコーヒーで、至福のリラックスタイムを。

ゆきのひぐらし

コメント

タイトルとURLをコピーしました