ドリップコーヒーでホッとリラックス。プロが薦めるおいしい淹れ方を自宅でも簡単に

コーヒー豆の蒸らしコーヒーライフ

僕の午後3時は何かしていても、してなくても、ひと休憩の時間。

コーヒー党の僕はもちろんコーヒーでひと息。

たまには缶コーヒーもいいけれど、やっぱりドリップコーヒーにはかないません

うちではペーパードリップで淹れています。

淹れ方次第でおいしくも不味くもなるコーヒー。

藤岡弘、さんのようにこだわり入魂してまではしてませんが(それなりに入魂はしています)、自分でうまくできたコーヒーは格別です

リラックスタイムに、おいしいコーヒーを飲みながらひとときを過ごしませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おいしいドリップコーヒーの淹れ方に出会った!

コーヒーの淹れ方は、人それぞれです。

僕はこれまで一般的なドリップ方法で淹れていました。

しかし、スペシャルティコーヒーを販売している「珈琲きゃろっと 」さんの淹れ方に出会ってから「きゃろっと式」という方法でコーヒーを楽しんでいます。

この方法だと、普通のコーヒー量販店のものでもそこそこおいしくいただくことができます!

でも「きゃろっと式」はちょっと特殊な方法なんです。

全量を入れずに、半分抽出してからお湯を足すという、ブラジル人もビックリな淹れ方です。

百聞は一見に如かず。

きゃろっとさんの動画がありますので、まず見ていただくとわかりやすいです。

おいしいコーヒーの淹れ方「基本編」珈琲きゃろっと

おいしいコーヒーの淹れ方(きゃろっと式)

順を追って僕なりに淹れてみました。

今回は1人分。コーヒー豆は、きゃろっとさんの豆を使用しました。

袋を開けると何ともいえない良い香りがします。

豆もふっくらしています。

珈琲きゃろっとのコーヒー豆

それでは、実際にきゃろっと式でコーヒーを淹れてみます。

コーヒー豆を挽く

愛用のコーヒーミルは定番のカリタ(Karita)のミル。

wpid-wp-1429165524001.jpeg

僕が使っているドリッパーはハリオ(Hario)です。

カリタやメリタも使ったことがありますが、僕にはこれが一番使いやすく、味と香りも好みです。

ハリオはカリタ式などと違い、円錐形をしています。

画像の右側の接着部分を折り返して、ドリッパーにセットしておきます。

wpid-wp-1429165584956.jpeg

コーヒー豆は1人分なのでこれくらい。基本は1人分10gです。

コーヒー豆は酸化による劣化を防ぐため、密封して冷凍庫で保存しています。

きゃろっとのコーヒー豆

このコーヒーミルの裏は木製に四隅に布が貼ってあるので、豆を挽くときに滑りやすいです。

なので僕はシリコン製のなべ敷きを敷いてガリガリ挽いています。

wpid-wp-1429168133530.jpeg

挽き具合はペーパードリップに適しているといわれる中挽き。

挽いたコーヒー豆をフィルターへ

挽いた豆をドリッパーにセットしたフィルターに入れて、平らにならしておきます。

コーヒーにお湯を注ぐ

お湯は90℃~85℃くらいが最適といわれています。

僕は卓上ポットで沸騰させたお湯をコーヒーケトルに移すことで温度を下げています。

淹れるときはお湯を静かに少しそそぎ、30秒程度蒸らします。この過程はとても重要!

すぐにザーッと注ぐ人がいますが、NGです。

必ず蒸らしましょう。

新鮮な豆だとふわーっと膨らみます。豆に含まれている炭酸ガスが抜けているんですね。

本当に良い豆だと、もこもことふくらんで感動します!

ただし、日にちが経ったもの、粉で購入したもの、浅炒りのものはあまりふくらみません。

コーヒー豆の蒸らし

蒸らしたら、いよいよ本格的に注ぎます。ペーパーフィルターにかからないように静かに中央に入れ、あとは数回に分け回し入れます。

藤岡弘、さんなら「ありがとう、ありがとう、」と念じながら淹れている場面です。

目的の分量、ここでは1杯分(約150ml)なので「きゃろっと式」では半量の75mlに達したら、サーバーあるいはカップからすみやかにはずします

もったいないからと全部落ち切るまで待っている人がいますが、雑味が出て不味くなるのでやめましょう。

出し切ることをしないのが「きゃろっと式」の極意です。最後になるほど雑味が抽出されるので、その前に止めて、その分お湯を足します。

はい、おいしいコーヒーがはいりました!

いただきます♪

おいしいコーヒーの淹れ方まとめ

きゃろっと式で重要なのは以下の点です。

  • コーヒー豆の鮮度
  • 適切なコーヒー豆の量 (10gくらい)
  • 蒸らし (30秒程度)
  • 規定の量まで淹れたら、すみやかにドリッパーをはずす

ドリッパーは「カリタ式」や「メリタ式」など数種類ありますが、僕はハリオを使うようになってコーヒーがより楽しめるようになりました。そこは好みですが。

コーヒーを楽しもう

インスタントや糖分の多い缶コーヒーばかりではなく、仕事が休みのオフの日などはゆっくりコーヒーでも淹れてみませんか?

インスタントにはない芳醇な香りに癒されます

きゃろっと式でドリップすると、市販の豆でもそこそこ美味しくコーヒーを楽しめるので良いですよ。

きゃろっとさんのコーヒーは高級でお値段が高いですし(小声)。

たまにはスペシャルティコーヒーも飲みたいという方は珈琲きゃろっと さんのコーヒーをどうぞ。

その際は豆で購入するのがおすすめです。

また、ネパールのコーヒーを販売されているCHANTICHANTI COFFEE FARMのコーヒーも美味しいですよ。

0
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コーヒーライフ
この記事を書いた人

コーヒーを楽しみながら、世の中の気になるあれこれをブログに書いています。

ゆき後輩をフォローする
この記事を友達とシェア
ゆき後輩をフォローする
ゆきのひぐらし

コメント

  1. 蒟蒻部副部長 より:

    こちらでははじめましてですね
    これからもよろしくお願いします

    私ってコーヒー飲めない人なんですよね
    しかし、自分で豆はひいてみたいんですよね(笑)

    0
    • ゆき後輩 より:

      おぉ~副部長さんいらっしゃい。
      コメントありがとうございます。

      コーヒーだめなんですね(残念)
      豆を挽くときの感触はとても心地よいですよ♪

      0
タイトルとURLをコピーしました